ミニマリストあおのVLOG

田舎でのミニマリストの暮らしについて色々書いています。 最近は自分のモノ減らしも終わったので、より多くの人にミニマリストや片付けに興味を持ってもらえる記事を書いていこうと思います。

東北の田舎住まいのミニマリスト。
2LDKに住んでいるが2部屋が母・祖父母の物置になっていて、現在は一部屋だけ使って生活しています。
そのため押入れ・クローゼットといった収納がまったくなく、また筆者は外仕事で大量の着替えが必要なため、必然衣類は多めです。
そんな苛烈な状況の中、日々スッキリした部屋作りについて考えています。
ミニマリストの方でもクローゼットや押入れがないという人は少数だと思います。
そんな中、どうやって暮らしているかを発信しています。

カテゴリ: 家電・ガジェット

ミニマリストのあおです。

遅くなりました。
格安SIMのDMMモバイルを契約したのでレビュー。
※今回はデータ通信のみの契約ですが時期に音声SIMに切り替えます。
※それと情報量が多いので少し記事が見づらいかもです。努力はします!

とりあえず先に箇条書きで気に入った所だけ書きますね。
・SIM複数のコースなら月額SIM追加料が発生しない(申込時にかかります)
・MNP転入は音声SIMが自宅に届いてから可能なので通話不通期間がない
・契約の画面までの画面がとても見やすい
https://mvno.dmm.com/-/order/entrance
 ※契約ページのリンクなので試しに少し画面を進めて操作してみるとわかりやすさが体験できる
・チャットの応答が丁寧
(ただし2回目やった時はすぐに不通になってしまった。オペレーターによるかも)
・みんな気になる通信速度(12時~13時あたりは顕著に低速。後述で感想書きます)
※赤枠は昼時間帯
Screenshot_20180201-121341
Screenshot_20180201-121308
では過去と現在の料金の比較を
○過去の契約(IIJで1回線でSIM2枚。うち一枚は音声通話)
 月額約3,500円
○現在の契約(auとDMMモバイルの2回線)
 月額約10,000~11,000円
 ・au:7,500円~8,500円
 ・DMMモバイル:2,000円

===詳細===
○過去の契約(1回線)=月額約3,000円
■格安SIMのIIJを使っていた時
月額コスト(通話通信込み、端末代なし)
 約3,000円(一番高い使用月も4,000円超えなかった)
・通信量
 6G
・その他のサービス
 追加で1枚SIMを追加(タブレット用で6Gを2枚でシェアするサービス)
 追加SIMは月額400円ぐらいで、それ込みで上記の金額。

○現在の契約(2回線)=月額約11,000円
■au(乗り換え特典で端末を安く買うためにあえて格安SIMから大手に一旦移動)
月額コスト(端末分割で約2,000円払いの24回込み)
 約8,500円(ただし月の通信量が3Gを超え5Gまでになると+1,000円)
・通信量
 使った分だけ(20Gの天井あり)
・その他のサービス
 端末保証(月額数百円)・テザリング機能(無料)

■DMMモバイル(通信専用)
・月額コスト
 約2,000円
・通信量
 8G
・その他のサービス
 SIM1枚追加

こんな感じです。
実際問題、auに変更してかなり値段は高くなりましたが
auはすぐに解約してDMMモバイルの通話プランを付ける予定。
なので最終的には
月額4,000円程度で運用ができます(過去の経験からも)。
端末代が月々残っているので合わせると6,000円ぐらです
SIM合計3枚で三つの端末を持ち歩けて
電話もできて
8G使えて
月額4,000円なら相当良いです。
あとから通話SIMにするにしてもMNP転入が
自宅にSIMが届いてから出来るというのがすごい魅力。
通話の不通期間がなく出来るのはとてもありがたい。

○通信速度のお話。
 ■DMMモバイル
 ※赤枠は昼時間帯
Screenshot_20180201-121341
Screenshot_20180201-121308


 ■au
 
※赤枠は昼時間帯
au2
au

結果から言うと全く問題がないと言えばウソになります。
というのも上の写真で見てもらえば分かる通り
DMMモバイルは
12時~13時の時間帯はかなり遅いです。
IIJ時代に測定したことはなかったですが
1Mの速度が出ていないと
Twitterのタイムラインの画像がサクサク表示できません。

一方でauで速度を測ると12時~13時でも10~20M
の速度が出て動画も問題なく閲覧できます。

とはいえDMMモバイルで12時~13時の時間帯でも
TwitterのTLの文字は表示できますし、
Webページの表示も問題ありません。
メールの送受信も大丈夫なので、
・ソシャゲでロードを繰り返す
・TwitterのTLに張り付く
等しなければ体感ちょっと遅いぐらいです。


また上記の写真は昼時が中心のスクリーンショットですが
その時間帯をちょっと外した13時44分では
Screenshot_20180205-134416

このぐらいの速度が出ます。
これに関してはちょっといい数字が出てしまいましたが
いつもでも10~30ぐらいの間の数字がでるので、
ここまで来ると大手3キャリアとなんら遜色がありません。
必要な通信速度の話をすると、
ネット検索すれば色々出てきますが、
数Mbpsあれば問題ないとのこと。

混雑する時間帯を外せば
大手キャリアと遜色のない
動きをしてくれます。

確かにリアル店舗がなかったり
故障した時にお店に駆け込めない
等のデメリットはありますが、
そんな経験をした人それほどいないと思います。

通信速度に問題もなく
SIMロックを解除すれば大手キャリアの端末も使えて
だいたい3,000~5,000円も月額料金が
安くなる。

思い切って格安SIMに変えてみよう。
2年で10万円の節約は大きい。
車検が出来ますからね。

まだ今年も始まったばかりなので
『今年の目標は格安SIMに移行しよう』
というのもいいかもしれません。

格安SIM、オススメです!

11月末までiij(格安SIM)を使っていたのですが、
新しいiPhone8の購入をするため
数年ぶりに
大手キャリアのauに変更しました。
格安SIMからの乗り換えでも
キャッシュバックがあったので
最終的に
10万円のiPhoneが
4万4千円ぐらいになりました。
ちなみにボクの
auの月額は3Gまでの使用+通話+端末で7,500円ぐらい
です。

んでiijを使っていた時は
1,500円で6Gのプラン(通話入れると月額だいたい3,500円)
SIM2枚で使っていたのですが
契約回線が1本だと
遠出した時トラブった時に怖いので
もう1回線(複数SIM)運用することにしました。

んで、今回選ぶ予定のはDDMモバイル。

多分今日か明日にでも契約すると思うので
そしたら契約時・使用後に分けてレビューを
書こうと思います。
あとそれに合わせて
予備端末でAndroidを1枚買おうかと。

ミニマリスト系ブログだけど
たまにはそういうやつを。
あと多分格安SIMの記事って
需要あると思うので
少しでも多くの人に
格安SIMを理解して貰えればと。
ではまた近々。

◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

IMG_6984
aoです。
今日はサンクコストバイアスのお話
たくさんのミニマリストさんのブログで
目にする言葉ですが、
僕が今まさにそれに直面しているので
実体験も交えてこのお話を。

サンクコストバイアスとは
モノが捨てられない原因の一つに
サンクコストバイアスという
心理があるそうです。

○サンクコストバイアス
【お金や時間を支払ってしまったという理由だけで
損な取引に手を出し続ける心理的傾向】

これを断捨離や片付けに例えると、
一万円のモノを買った
だけど使わなかった(使えなかった)
置きっぱなしでもう絶対使わないから捨てたい
だけど買うのに一万円も掛けたのだから捨てられない
or
いずれ使うかもしれないから捨てるのはもったいない
というもの。

これは誰もが経験あるんじゃないかな。
僕もある。
というか現在進行形である。
一昨年買った加湿器。
その年の冬は使ってたけど
去年の冬は2回ぐらいしか使わなかった。
その割に掃除は面倒。
多分今年もそれぐらいの使用頻度か使わない。
ゆえに無くても大丈夫。
でも買うのに8,000円ぐらいかかったし、
家族に相談もして選んだものだから捨てづらい

これが僕が今抱えているサンクコスト絡みのモノで、
バイアスがかかっている部分は
でも買うのに8,000円ぐらいかかったし、
家族に相談もして選んだものだから捨てづらい
なのだ。

この加湿器を捨てるor手放す方法として
バイアス部分を取っ払う必要がある
①8,000円をサンクコストとして損切りする
②相談に乗ってもらった家族が気になるのであれば
「あの時一緒に選んでもらった加湿器いらないから捨てようと思う」
と言い出してみること
だと思う。
②に関しては感性の違いで色々言われるかもしれないけどw

バイアスに打ち勝つ。思い込みに打ち勝つ。そして未来を見る。
モノが捨てられない8割ぐらいは
このバイアスのせいだと言っても過言じゃないと思う。
そして断捨離・ミニマリズムはサンクコストバイアスの
バイアス部分の解決を幾度となく実践していくこと。
つまり加湿器の例で言うならば、
でも買うのに8,000円ぐらいかかったし、
家族に相談もして選んだものだから捨てづらい
買うのに8,000円ぐらいかかったし、助言してもらって買ったけど使わなくなった。
置いている場所ももったいないし、そのことが頭を過るのも煩わしい。
持っていて今の状態から幸せになることもないから、
その8,000円は勉強代として受け入れよう。今まで活躍してくれてありがとう
に切り替えれられるようになるかどうかだと思う。

で、
僕の話に戻ると
まだまだ未熟なところもたくさんあって
どういうモノが出来てないかというと、
値段の高かったモノ。
その原因もある程度は分析できている。
高額なモノを買う時は決断が必要で、
安易に手放してしまうとその決断をした自分を否定してしまう
感じがするのだ。
頭ではそれが意味のないことと分かっていても、
まだまだ実践できない部分はとても多い。
逆に本や趣味のモノ関しては割りと損切りが出来るようになってきた。
(それでも整理出来ていない本はたくさんあるけど)

だからちゃんと
いるモノ・いらないモノを見極めている
ミニマリストさんのブログを見ると尊敬します。

僕はまだまだ未熟だけど
こうして一つ一つ、未熟の結果として部屋に残っていった
モノ・過去の自分と戦っていきたい。

なくそう、サンクコスト。

◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

使い終わった乾電池問題!
どうもaoです。

乾電池を使っていると使い終わった乾電池の処分にいつも頭を悩ませます。

「たった数本の電池なのにこれどこに置いておこう……(´・ω・`)」

ってねw

で、僕はついに注文しました。
Amazonのニッケル水素充電池!
c2fc81ed21bf447080442d3551f6e58f

僕は電池を普段からそこそこ使うんだけど代表的なものは、
  1. ひげそりシェーバー(単三 2本)
  2. マウス(単三 2本)
  3. キーボード(単四 2本)
  4. プロテインシェイカー(単四 2本) 
で、特にこの中で電池の消費が激しいのがシェーバーとプロテインシェイカー。
シェーバーは一ヶ月ぐらい、プロテインシェイカーは4週間ぐらいで電池がなくなってしまいます。 

そこでざっくり計算してみました。

僕が年間で使う電池の量

  • シェーバーを4週間、プロテインシェイカーを3週間で合計7週間で4本の電池。
  • 一年を52週で計算
  • 52÷7×4=約30個の電池
つまり年間30本の電池が消えるわけです。
年に1回処分してもそれまではゴミとなった電池を見つめ続ける日々が続きます……
なので捨てる必要のない充電池にしてみようというわけです。
ですがもちろん初期投資も必要です。

充電池と普通の電池のお金あれこれ

アルカリの単三電池30本(僕が年間に使う電池量)の金額計算をしたいと思います。

三菱電機 アルカリ乾電池(シュリンクパック) 単3形 10個入→322円!
※ブログ執筆時の金額です。変動する場合がありますので参考まで
これが3セットで年間約1,000円ちょっと。

今回購入した充電池は8本で1,610円でした。

金額で言ってしまえば2年目の半分ぐらいから元がとれます。
そして僕は現在のシェーバーをもう4年近く使っているので、単三電池の諸費スタイルは今後も変わらないと予想できます。

まぁ今回の初期投資が単三、単四、充電池と合わせて約4,000円なので電池に関しての買い物ではちょっと高くついてしまったのは仕方のないことだと思います。

だけど当然メリットもあるから今回の選択をしたわけで。

充電池に変更したメリット

電池を買いに行く必要がない
緊急時にストックを気にする必要がない
使い終わった後にゴミが出ない
ゴミが出ないから”使い捨て電池のスペース”をなくせる
ゴミが出ないから電池をゴミに出すストレスがなくなる

これはすごい。

電池に関してはちょいちょい頭を悩ませてきたので届いたら早速使ってみたいと思います。

<Ending>
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

↑このページのトップヘ