ミニマリストあおのVLOG

田舎でのミニマリストの暮らしについて色々書いています。 最近は自分のモノ減らしも終わったので、より多くの人にミニマリストや片付けに興味を持ってもらえる記事を書いていこうと思います。

東北の田舎住まいのミニマリスト。
2LDKに住んでいるが2部屋が母・祖父母の物置になっていて、現在は一部屋だけ使って生活しています。
そのため押入れ・クローゼットといった収納がまったくなく、また筆者は外仕事で大量の着替えが必要なため、必然衣類は多めです。
そんな苛烈な状況の中、日々スッキリした部屋作りについて考えています。
ミニマリストの方でもクローゼットや押入れがないという人は少数だと思います。
そんな中、どうやって暮らしているかを発信しています。

カテゴリ: スマホ

固定費下げたいなら格安SIMへ

sim-card-4475680_640
あおです。
実はブログをWordPressに移行しております。
なのでこれからこちらに更新される記事はWordPress記事のHTMLを貼り付けたものになります。
WordPress記事はこちらをクリック

みんな格安SIMにしよう。今すぐに


ミニマルな生活を実践したいんだったらスマホを大手キャリアから格安SIMに変えよう。というかミニマルな生活を目指さなくても節約の観点からも格安SIMはオススメです。

ミニマルな生活→生活レベルのダウン→固定費のダウン
その流れの中で家賃の次に負担が高い固定費はスマホ代で間違いないでしょう。

引っ越しは準備にも時間がかかるので、固定費削減はまずはスマホからがいいと思います。

総務省の指導で大手の違約金も1,000円と格段にさがったのでこれを利用して格安SIMに移らない手はないでしょう。

大手キャリア(Docomo・au・Softbank)でスマホを使っている人であれば月額の料金は6,000円から8,000円ぐらいが相場だと思う。
端末の分割代金が残っていればたぶん1万円ぐらいかな。

対して格安SIMだったらその金額を半分ぐらいに抑えることが出来るしそれ以下もありえる。
月額8,000円かかっている人がいて、使い方も見直せば2,000円に下げることも十分に可能。

月に6,000円の固定費削減ができたら年間では72,000円だ。
2年なら144,000円
田舎で車を持っているなら車検代が浮く計算になる。

次の項目では3Gプランを例に大手と格安SIMを比較してみよう。

大手と格安SIMでは2倍違うことも

では具体的にどのぐらい違うかを見てみよう。
ここでは大手からdocomo、格安SIMからはLINE MOBILE。
そしてauのサブブランドとしてUQ mobileを例に出して比較してみよう。

すべて3Gのプランで比較するけど、docomoはジャスト3Gのプランが無いため、使った分だけ課金されるプランで3G以内のものを比較対象にしています。
※調べていますが間違いがあったら教えて下さい

○docomo:~3G
データ通信:3,980円
5分かけ放題:700円
合計:4,680円

○LINE MOBILE:3G
データ通信 1,690円
10分かけ放題 880円
合計:2,570円

○UQ mobile:3G
データ通信:1,980円
10分かけ放題:700円
合計:2,680円

(2020年1月21日調べ)
 ※いずれも税抜き

この比較から見て分かる通り3Gのプランでも2,000円も違う。
年間にすると24,000円の差額になるし、大手にもっと払っている人なら下手したら3倍ぐらい違う可能性もあります。

昼や夕方の通信速度は遅くなるデメリットもあるが、年間で数万円も違うなら格安SIMに変更するのはおすすめです。

私が過去に使った格安SIMからの体験談

私は過去にIIJとDMM mobileという2つの格安SIMを使ってきました。
ここではその体験を元にメリット・デメリットを上げていきます。

格安SIMを使ってのメリット(動画紹介あり)

  • 月額料金が安い(通話もSMSなければ500円からも)
  • プランが細かく設定されている場合が多く自分にあったプランが選びやすい
  • YouTubeや特定のゲーム・SNSの通信が無料になるオプションも存在

とにかく安くなる。
これに尽きます。その他多くの格安SIMキャリアが1G・3G・5G・7G……のように小刻みに料金プランを設定していて、自分の使用頻度に適したプランを選択できるのが良いですね。

また中にはカウントフリーと呼ばれる特定のサービスの通信が無料になるサービスがあります。

カウントフリー」とは、あるサービスを利用する際、そのデータ通信量を数えない、つまり「使用したデータ量に加えない」というサービスです。 スマートフォンでは、何らかの機能やサービスを利用する際、たいてい通信します。 ... 最近、スマートフォンの料金契約では、「利用可能データ量」が決まっています。

ケータイ用語の基礎知識(第800回:カウントフリーとは)

カウントフリーオプションが有名な格安SIMではLinksMateが有名です。

https://linksmate.jp/

LinksMateのカウントフリーオプション対応のゲームはこちら

https://linksmate.jp/about/countfree/

また特定の条件下であればYouTube視聴の通信量が無料になる格安SIMもあります。
こちらはBIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/option/entamefree.html?utm_expid=.9QoegFoUTBSmNS4WY5Eq1A.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F

格安SIMを使ってのデメリット

  • 昼、夕方など人が一斉に使う時間帯の通信は劇的に遅くなる
  • 専用の電話アプリから通話をしないと通話料が安くならない
  • 移行するのにSIMロック解除をする必要がある
  • 格安SIMに移行するのに多少の勉強が必要

特に12時~13時や17時~19時といった時間帯が遅くなります。
これはどこの格安SIMでも一緒ですので、この時間帯にどうしても通信速度を確保したい場合は、大手キャリア、WiMAXなどのモバイルルーター、UQmobile等を選択すると良いでしょう。
ちなみに混雑時以外の通信はSNSやYouTubeも問題なく見ることが出来ます。

それと「10分無料」等の電話オプションを使う場合、ほとんどの場合はその格安SIMの専用アプリを使わないといけません。

https://mvno.dmm.com/option/freecall.html

※本オプションをお申し込みの場合も、「DMMトーク」を介して発信されない場合、通常の通話料金(20円(税抜)/30秒)が発生します。

https://mvno.dmm.com/option/freecall.html

iPhoneの場合はデフォルトの電話アプリを変更出来ないので、着信があった場合着信はデフォルトの電話アプリに残ります。

それをタップしてかけ直すとオプション契約した「10分無料」や「30秒10円(通常の半額)」の恩恵を受けることが出来ません。

なのでiPhoneであれば別途専用アプリから発信する手間が発生します。

またSafariでお店を調べてそこに電話する時もタップするとデフォルトの電話アプリから通話が開始され、格安SIMの電話オプションの恩恵を受けることが出来ません。

Android端末だとデフォルトの電話アプリを変更できるので、着信・発信とも格安SIM専用の電話アプリになるかもしれませんが、やったことがないのでここは各自調べてみてください。

少なくともiPhoneの場合電話の発着が多少面倒になるというデメリットがあります。

あとはSIMロック解除や知識面ということで、格安SIMへの理解と知識が多少要求される場面があります。ですので参考になりそうな動画を貼っておきます。
安くなる分、自分でちゃんと勉強しよう……ってことですねw

https://www.youtube.com/watch?v=WKDECnDMWQw&t=420s
↑auからUQへの乗り換えガイドの動画

2020年1月21日時点の筆者の現状

ここまで書いておいてなんだけど今日時点で自分はauですw
「おいっ!」って感じですねw
しかし先述の用にUQへの乗り換え予定ですし、過去には2つの格安SIMを使っていました。

ちなみに私のキャリア遍歴(スマホになってから)は、
docomo→IIJ→au→DMM mobile→au(現在)ですw

理由としてはこれまでDMM mobileを使っていたけど、昼休みに速度が遅かったのが我慢できずにauに出戻りをした経緯がありました。

さらに職場も山の中なので万が一通信できないと困るので大手に戻していたんだけど、UQならauの品質をほぼ担保できることを知ったのでUQへ変更する予定。
変更したらまたブログを書こうと思います。

覚えておいてほしいのは、安くてもその人の運用にあっていなければ意味がないということ。自分の使い方をしっかり見極めてから変更しよう。

UQ mobileに興味のある人はYouTubeにレビュー動画があるので調べてみよう。
私からもいくつかおすすめ動画を貼っておきます。
ちなみにUQだと通信制限がかかっても格安SIMより速いのが特徴ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=xFaSeN3saVE
↑スマホプランという新しい料金プランになる前の動画ですがUQmobileの良さが伝わってきます
https://www.youtube.com/watch?v=HXl0jc9UKAw&t=5s
↑UQmobileの節約モード(300kbps)でYouTubeが見れるかの検証動画。
私は2020年1月末にUQへ乗り換え予定ですが、この動画が非常に参考になりました

ということで、やっぱり固定費下げるならまずは格安SIMへ

いかがだったでしょうか?

ここまで格安SIMのメリット・デメリットも上げながら比較をしてきましたが、はやり固定費の見直しという側面から考えれば格安SIMにするのは現状正解かなと思います。

例えば月間3,000円節約できたら年間で36,000円です。

近場なら旅行が出来ますし、その分本を読んだりジムに通ったりとさらにお金を有効に使うことができると思います。

自分はauからUQへ乗り換えて安くなった差分で、今後のWordPressのサーバー代金を支払おうと考えています。

節約の先に目的を持てば、そのモチベーションも上がって格安SIMへ移行する行動力へつながるのではないかと思います。

予定では今週の金曜日(2020年1月24日)にUQへ変更してきますので、使用感はまた近々レビューしようと思います。

この記事が役立ちましたらSNSでの拡散をよろしくお願いします。

では!


◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
あおのYou Tubeチャンネルはこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

ミニマリストのあおです。

都会のミニマリストたちの言いぶんはこうだ
固定費を見直そう
格安SIMとルーターで月5,000円!
家のネットもスマホもWiMAXでOK!
高速通信も確保できてコスト削減!やったね!

なので秋田の山奥に住んでいる俺も真似してみた。
都会の連中を真似して固定費を見直そう!
格安SIMとルーターで月5,000円!
家のネットもスマホもWiMAXでOK!
山の中だからWiMAXがつながらない!
LTEモードにいちいち切り替えれば月に7Gだけ使えるよ!
いらねーよwwwwwwwwww
2つ持つと時間と手間を取られて頭がスッキリしない!
格安SIMを断捨離だぁあああああああああ!
ただいまau

となったわけだ。
正直、職場では昼間ぐらいしか
携帯をいじらないので、
その時間帯速度が500kbも出ない格安SIMは
田舎の、それも山奥じゃ活躍しなかったわけだ。
DMMモバイルのシェア10G+10分無料通話+SIM2枚追加で
月額4,000円だったけど、
改めて
auのフラットプラン20G+5分無料+テザリング月額500円で
月額6,480円
になったので、金額は増えたけどストレスが無くなったし
速度も10倍ぐらいに戻ったのでめでたしめでたし。

俺は何よりも速度を出して時間を確保したかった。
スピーディーな時間の確保が
俺の人生にとって一番大切。
お金でかけがえのない時間を取り戻すことができた。


君たちも自分のミニマリズムを見つけるがよい。

ミニマリストのあおです。

遅くなりました。
格安SIMのDMMモバイルを契約したのでレビュー。
※今回はデータ通信のみの契約ですが時期に音声SIMに切り替えます。
※それと情報量が多いので少し記事が見づらいかもです。努力はします!

とりあえず先に箇条書きで気に入った所だけ書きますね。
・SIM複数のコースなら月額SIM追加料が発生しない(申込時にかかります)
・MNP転入は音声SIMが自宅に届いてから可能なので通話不通期間がない
・契約の画面までの画面がとても見やすい
https://mvno.dmm.com/-/order/entrance
 ※契約ページのリンクなので試しに少し画面を進めて操作してみるとわかりやすさが体験できる
・チャットの応答が丁寧
(ただし2回目やった時はすぐに不通になってしまった。オペレーターによるかも)
・みんな気になる通信速度(12時~13時あたりは顕著に低速。後述で感想書きます)
※赤枠は昼時間帯
Screenshot_20180201-121341
Screenshot_20180201-121308
では過去と現在の料金の比較を
○過去の契約(IIJで1回線でSIM2枚。うち一枚は音声通話)
 月額約3,500円
○現在の契約(auとDMMモバイルの2回線)
 月額約10,000~11,000円
 ・au:7,500円~8,500円
 ・DMMモバイル:2,000円

===詳細===
○過去の契約(1回線)=月額約3,000円
■格安SIMのIIJを使っていた時
月額コスト(通話通信込み、端末代なし)
 約3,000円(一番高い使用月も4,000円超えなかった)
・通信量
 6G
・その他のサービス
 追加で1枚SIMを追加(タブレット用で6Gを2枚でシェアするサービス)
 追加SIMは月額400円ぐらいで、それ込みで上記の金額。

○現在の契約(2回線)=月額約11,000円
■au(乗り換え特典で端末を安く買うためにあえて格安SIMから大手に一旦移動)
月額コスト(端末分割で約2,000円払いの24回込み)
 約8,500円(ただし月の通信量が3Gを超え5Gまでになると+1,000円)
・通信量
 使った分だけ(20Gの天井あり)
・その他のサービス
 端末保証(月額数百円)・テザリング機能(無料)

■DMMモバイル(通信専用)
・月額コスト
 約2,000円
・通信量
 8G
・その他のサービス
 SIM1枚追加

こんな感じです。
実際問題、auに変更してかなり値段は高くなりましたが
auはすぐに解約してDMMモバイルの通話プランを付ける予定。
なので最終的には
月額4,000円程度で運用ができます(過去の経験からも)。
端末代が月々残っているので合わせると6,000円ぐらです
SIM合計3枚で三つの端末を持ち歩けて
電話もできて
8G使えて
月額4,000円なら相当良いです。
あとから通話SIMにするにしてもMNP転入が
自宅にSIMが届いてから出来るというのがすごい魅力。
通話の不通期間がなく出来るのはとてもありがたい。

○通信速度のお話。
 ■DMMモバイル
 ※赤枠は昼時間帯
Screenshot_20180201-121341
Screenshot_20180201-121308


 ■au
 
※赤枠は昼時間帯
au2
au

結果から言うと全く問題がないと言えばウソになります。
というのも上の写真で見てもらえば分かる通り
DMMモバイルは
12時~13時の時間帯はかなり遅いです。
IIJ時代に測定したことはなかったですが
1Mの速度が出ていないと
Twitterのタイムラインの画像がサクサク表示できません。

一方でauで速度を測ると12時~13時でも10~20M
の速度が出て動画も問題なく閲覧できます。

とはいえDMMモバイルで12時~13時の時間帯でも
TwitterのTLの文字は表示できますし、
Webページの表示も問題ありません。
メールの送受信も大丈夫なので、
・ソシャゲでロードを繰り返す
・TwitterのTLに張り付く
等しなければ体感ちょっと遅いぐらいです。


また上記の写真は昼時が中心のスクリーンショットですが
その時間帯をちょっと外した13時44分では
Screenshot_20180205-134416

このぐらいの速度が出ます。
これに関してはちょっといい数字が出てしまいましたが
いつもでも10~30ぐらいの間の数字がでるので、
ここまで来ると大手3キャリアとなんら遜色がありません。
必要な通信速度の話をすると、
ネット検索すれば色々出てきますが、
数Mbpsあれば問題ないとのこと。

混雑する時間帯を外せば
大手キャリアと遜色のない
動きをしてくれます。

確かにリアル店舗がなかったり
故障した時にお店に駆け込めない
等のデメリットはありますが、
そんな経験をした人それほどいないと思います。

通信速度に問題もなく
SIMロックを解除すれば大手キャリアの端末も使えて
だいたい3,000~5,000円も月額料金が
安くなる。

思い切って格安SIMに変えてみよう。
2年で10万円の節約は大きい。
車検が出来ますからね。

まだ今年も始まったばかりなので
『今年の目標は格安SIMに移行しよう』
というのもいいかもしれません。

格安SIM、オススメです!

11月末までiij(格安SIM)を使っていたのですが、
新しいiPhone8の購入をするため
数年ぶりに
大手キャリアのauに変更しました。
格安SIMからの乗り換えでも
キャッシュバックがあったので
最終的に
10万円のiPhoneが
4万4千円ぐらいになりました。
ちなみにボクの
auの月額は3Gまでの使用+通話+端末で7,500円ぐらい
です。

んでiijを使っていた時は
1,500円で6Gのプラン(通話入れると月額だいたい3,500円)
SIM2枚で使っていたのですが
契約回線が1本だと
遠出した時トラブった時に怖いので
もう1回線(複数SIM)運用することにしました。

んで、今回選ぶ予定のはDDMモバイル。

多分今日か明日にでも契約すると思うので
そしたら契約時・使用後に分けてレビューを
書こうと思います。
あとそれに合わせて
予備端末でAndroidを1枚買おうかと。

ミニマリスト系ブログだけど
たまにはそういうやつを。
あと多分格安SIMの記事って
需要あると思うので
少しでも多くの人に
格安SIMを理解して貰えればと。
ではまた近々。

◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

こんばんは。aoです。

今の携帯電話は高い。
端末の金額とあわせて今なら月額8,000円から1万円は行くんじゃないかな。
だから携帯電話の出費も無駄な部分を切り捨てて月額を小さくしたらいいと思う。
不要なものを捨ててスペースを確保したりする掃除にちょっと似ているから、断捨離、ミニマリストに興味がある人で携帯電話の月額料金が気になっている人がいたら格安SIMにしてみるのもいいのかもしれない。

いきなりIT系の記事みたいになっちゃうけど、昨日友達と電気屋に入ったら本当に今の携帯料金が高くてびっくりしたので書こうかなと思った。

格安SIMが安い理由
 
まぁ色々あると思うんだけど、格安SIMを扱っている所は大手のキャリアから回線を借りてそれを消費者に提供しているので、自分のところでの設備投資が少ない=使用料が安くなるってことらしいんだよね。

あと個人的に思うところでいうと、街中にショップがないのでそういう部分の経費もかからないからっていうのもあると思う。

いずれにせよちゃんとした理由があるから安いわけで、怪しい商法じゃないからその辺は安心して使っていいかなと思う。

実際僕もIIJというところの格安SIMを使って一年半ぐらいになるけどまったく不自由なく使ってる。通信速度もバッチリだ。まぁ田舎住まいっていうこともあるんだろうけどw

あとここでは格安SIMのおすすめ会社とかプランについてはあえて書かないで置こうと思う。
さっきも書いたけどブログの趣旨と違うし長くなっちゃうし。
興味のある人は
「格安SIM おすすめ」
とかでググって検討してもらいたい。

格安SIMのメリット

とにかく安い。
どのぐらい安いかというと僕が一ヶ月に払っている金額は大体

2,200円程度だ。

これでネットも電話もしているから格安SIMを知らない人からしたら驚きだろう。
内訳としては、

・ネット(一ヶ月の通信料3G) 1,000円
・通話基本料 600円ぐらい
・通話料 30秒ごとに21円
 ※専用アプリから電話をかけると30秒で10円ぐらいになる

安いでしょ?

僕も以前は大手キャリアに毎月8,000円ぐらい払っていたんだけど、格安SIMに変えてから携帯料金を1/3ぐらいに抑えることができた。
使っていて本当にいいことがたくさんだ。

だけど不便なところもあるからそれもちゃんと紹介するよ。

格安SIMのデメリット

①大手キャリアみたいに通話料がずっと無料というプランが今のところ存在しない(3分までとか5分までとかならある)

②ショップが存在しないのでトラブルがあった時はネットか電話での対応になる

③端末を自分で持っている場合SIMロック解除が必要

④新規契約をする時に端末の種類がそれほど多くない(ほとんどがAndroid。iPhoneなら型落ちのもの)

デメリットの方が多く出てきてしまったんだけど、契約が終わってからの本当のデメリットは多分「通話無料なし」と「トラブル対応」のところになってくるのかな。

もし仕事やプライベートでたくさん通話するよって人だったらもしかしたら格安SIMのサービスは向いていないかもしれないので、大手キャリアか通話用に一台持つ方が逆に安上がりになりそうかな。

あとはアフターサービスなんだけど、僕はまだトラブルに見舞われたことがない。端末は自分でiPhone6を用意したので、ガラスが割れた時にiPhone修理をやっているお店の値段で修理をしたんだけどそのぐらいだ。
スマホの基本的な操作がわからなくてショップに問合せに行く……という人だとちょっと格安SIMを使うのは大変かもしれない。

結局どういう人が格安SIMに向いているの?

僕が思うに、
・大手キャリアの携帯料金が高いから毎月の出費を抑えたいと常々思っている
・そんなに通話はしない
・SIMロック解除の意味がわかる
・現行スマホの操作をある程度理解していてネットで調べて解決できる能力がある

この4つを満たしていれば格安SIMに移行して恩恵を受けれるんじゃないかなと思う。

最近はたくさん格安SIMが出てきてサービスやオプションも増えてきたから選ぶのも大変になってきたけど、切実に毎月の出費を抑えたいと考えている人は一度格安SIMと向き合ってみるのもいいかもしれないと思う。

断捨離もミニマリストも自分の生活スタイルに向き合うことだから、こういう部分でも通じるものはあるのかなと思ったので書いてみました。

<Ending>
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

↑このページのトップヘ