ミニマリストあおのVLOG

田舎でのミニマリストの暮らしについて色々書いています。 最近は自分のモノ減らしも終わったので、より多くの人にミニマリストや片付けに興味を持ってもらえる記事を書いていこうと思います。

東北の田舎住まいのミニマリスト。
2LDKに住んでいるが2部屋が母・祖父母の物置になっていて、現在は一部屋だけ使って生活しています。
そのため押入れ・クローゼットといった収納がまったくなく、また筆者は外仕事で大量の着替えが必要なため、必然衣類は多めです。
そんな苛烈な状況の中、日々スッキリした部屋作りについて考えています。
ミニマリストの方でもクローゼットや押入れがないという人は少数だと思います。
そんな中、どうやって暮らしているかを発信しています。

カテゴリ: 断捨離

ミニマリスト界隈で話題になる『abrAsus』の小さい財布薄い財布がある。
僕もシンプルなデザインが好きで、断捨離とかミニマリストって言葉が生活にまだ馴染んでいない時期から使っていた。
そして改めてミニマリスト風味な生活を心がけた時に、小さい財布がその生活スタイルに向いているポイントを発見した。

僕の使っている小さい財布の紹介

IMG_5134
財布の大きさはこんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』と比べてもだいぶ小さい。

IMG_5136
手前がカードを入れるスペース。僕は、
・銀行のキャッシュカード2枚
・保険証1枚
・運転免許証1枚
の合計4枚だけ入れる生活を2年数ヶ月続けている。
財布を開けなくてもカードの取り出しができるから便利だ。

IMG_5135
手前からカード、小銭入れ、お札入れと別れていて、
財布を開けたらすぐにすべてにアクセス出来るように設計されている。

ポイントカードを断舎離できる

僕は小さい財布を使っているんだけど、この財布にすると強制的にポイントカードを断捨離することができた。
この財布の場合ポイントカードは多くても5枚。
僕はエンボス加工されているキャッシュカード2枚と保険証に免許証とあわせて4枚。
(エンボスレスだと5枚入ると思う) 

前の財布ではコンビニのポイントカードや美容院のポイントカードも持ち歩いていたんだけど、毎日の食事をコンビニに頼っているわけじゃないし、行くにしてもコンビニにこだわりがない。僕は田舎の車社会で生活しているから駐車しやすい店に入るだろうし、都会だってたくさんコンビニがあるから店の種類にこだわっている人は少ないと思う。

さらにポイントで得をしたと思ったことがない。
むしろ「あれだけ買い物に来たのにこれだけ?」という感じがした。
そう考えるとレジでお金を出してポイントカードを出して、お釣りとレシートとカードをしまうという手間を考えたらいっそ持たない方がいいんじゃないかなと思った。
それに各コンビニがポイントカードを発行しているということは、それは企業が得をするからやっていることだと思う。
ポイントが3倍になろうが10倍になろうが、余計なものを買わないことが正解だと思うし、モノもゴミも増えない。その方がストレスレスで断然いい気がする。

だけど年中3食全部同じコンビニに行っている人なら持ってもいいかもしれない。
それでもコンビニのカード1種類だけならabrAsusの小さい財布でも対応可能だ。

取捨選択能力が身につく

小さい財布にはカードが5枚しか入らないから自分がよく使うカードだけを選別する必要がある。
これは服・本・文房具を断舎離する時にも必要な能力だと思う。だからたくさんあるポイントカードやキャッシュカードをたったの5枚に選定できた人なら、今後の断捨離のためにもなると思う。
よく片付けは”衣類から”と言うけれど、ポイントカードから始めてみてもいいかもしれない。

abrAsusの財布はミニマリストに優しかった

そもそもミニマリストって、 
①モノを少なくする
 ↓
②探したり選ぶ決断をする時間が減る
 ↓
③その分時間を他のことに使える

という要素を含んでいるので、小さい財布はそのコンセプトにピッタリだと思う。
いつも使っている財布をいきなりこのサイズ感まで下げるのは大変という人もいるかもしれない。
そういう人は無理にこの財布に変えないでも①~③に近づける財布を持つのもいいと思う。
自分に合った『最小限』が見つかればそれでいいのだ。
小さい財布を持つことは手段であって、目的ではないのだから(デザインや革製品が好きっていう人もいるけどね)。 

小さい財布のメリットとデメリット

○メリット
  • 厳選したカードたちだけを持ち歩ける
  • 小さいので邪魔にならない
  • 財布を開かなくてもカードを取り出して使うことができる
  • なんかイケてる感があるw
○デメリット
  • 普通の財布と構造が違うので慣れるまで時間が必要
  • 財布を開いた時に小銭を落としそうになる(ただし慣れると問題はない。僕は一度も小さい財布から小銭を落としたことがない)
  • カードをマックス入れた状態で一枚抜くと、厚みによっては他のカードが落ちてくることがあるから病院で一時的に保険証1枚だけが財布に入っていない時などは注意が必要。
  • 小銭を落とした時なんかイケてない感が出てしまうw
こんな具合に慣れてしまえば不自由を感じることはほぼほぼないと思う。
カードを入れるスペースに関しても、長時間スタメンのカードが財布に不在ということもそうそうないので、ちょっと気をつけるだけでまったく問題がない。

何より構造上レシートと使用頻度が少ないカードで財布がパンパンならないのは本当に持った人にしかわからない幸せだ。

使い始めてから2年と数ヶ月だけど耐久性も問題なくこれからも使っていくつもりだし、革製品なので味が出てくるのも持っていて楽しい要素の一つだ。

値段は少し高いけど、財布の中がカードやレシートでパンパンになって煩わしさを感じている人にはぜひ一度使って欲しいと思う。

<Ending>
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

貰った年賀状を処分してしまうのはなんだか忍びない気がするのは僕だけじゃないはずで、年々増えてくる年賀状に頭を悩ませてる人は多いと思う。LINEやSNSが普及しても付き合いで出し合っている関係性もあるわけだし、そういう人たちとの年賀状のやり取りはずっと続くものだ。

だけど保管しておくスペースも労力も限られているので、色々考えたあげく年賀状は全てスキャンして処分した。ちなみに2017年に頂いた年賀状はまだあるけど、雪が溶けたらスキャンして処分するつもり。

年賀状を処分しづらい人のために

だけど年賀状を捨てるなんてできない!でも処分したいという人のためにメンタル面でもコツを紹介したいと思います。

まず年賀状の目的は「新年のあいさつ」です。
なので年賀状は届いた時点でその役割を終えているわけです。だから送ってくれた人の気持ちと挨拶を受け取ったら、感謝を込めて処分していいと思います。

もし立場が逆で、あなたの年賀状をもらった人が処分したとして、あなたは怒ったり悲しくなったりはしないと思います。

だれしも自分が送ったもので相手の生活リソースを脅かすことなんて望んでないのですから。

これからミニマリスト的生活や断捨離をする人は『他人から貰ったモノの処分』という、片付けをするにはなかなか決心が付きづらい片付けがこれから出てくると思います。

その練習だと思って、まずは年賀状から処分する方法を僕はおすすめします。


Scannableを使って年賀状をどんどんスキャンする 

Scannableというアプリを使うとすごく簡単に年賀状をスキャンできる。
↑にリンクを貼ってあるので使い方はそこを見てもらえばわかると思うんだけど簡単に説明すると、

①アプリを起動してこんな感じでカメラを向けると青い領域が勝手に年賀状を検知
 ※今は書籍で代用しています
IMG_5132

②検知が終わると”自動”でシャッターを切ってくれ、きちんと画像が平面化される
IMG_5133


 これを年賀状の分だけ繰り返して、終わったらPDFにしてEvernoteやメールで送ることが出来る。
僕は最近のは年ごとにわけて、ある程度前のは一緒くたにしてPDFを作りました。

裏面に写真を使っている年賀状の場合は多少写りが悪いから、画質に拘る人は真っ当な方法でスキャンしたほうがいいかもしれない。

いずれ”年賀状は処分したいけどなんとなく残しておきたい”と思っている人ならこの方法で十分かなと思います。 

まずは年賀状から断捨離をして、ミニマリスト・ミニマム生活を目指してみましょう。 

<Ending>
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ 

1回目のエントリーなので自己紹介とか意気込みとかそういうことを書こうと思ってたんだけど普通すぎてつまらないので1回目からちゃんと記事を書いていこうと思う。
一応下に記すようにネタは出てきているので、Evernoteに書いてあるメモをはっつけてこれからどういうブログにしていこうかという、宣言のようなものをしてから本題に入ろうと思う。

これからのブログの方向性(Evernoteメモ原文)

  • 雪国秋田でのミニマル生活を考える
  • ジョイントマットの上には何も置かない
  • 本は出来るだけ『Kindle』で(しかし紙の本も好きなので使い分けの紹介もしっかりする。紙を否定しない
  • 使い捨て電池がいいのか、充電池がいいのか
  • 掃除機をかける時に『モノをどかす』というアクションが少なければその分だけものが片付いているといえる
  • 掃除をしたらちょっとだけ人生観が変わった
  • 断捨離・ミニマル生活をすると確かに無駄な出費が減るし、買い物に対する考え方の筋トレになる 
断捨離のbefore after
 まずはこの写真を見て欲しい。
 IMG_4650
正面の本棚にはジャンル問わず適当に詰め込まれた漫画・小説・実用書。上には紙袋がもっさりと乗っている。使うことは使うんだけど、こんなに使うのか!?ってぐらい積んである。

プリンタの上にもなんだか紙がたくさん乗っている。

パソコンの後ろには色んなアニメグッズがたくさんピン留めしてあるし、コルクボードの右隣に見える箱にはパソコンやスマホ関連のケーブルがわんさか入っている。もちろん使うのも使わないのも一緒くたになっているので必要なものは『探す』ことになる。

椅子の側を見てみよう。
まず椅子の上に紙袋。ゴミ箱の上にはダンボールが置いてある。 
2枚目の写真とは撮った時期も違うから映す広さが変わってしまったが、1枚目には映ってない床にもダンベルとか色々と散乱していて何かするたびにそれらを寄せていまいした。
しかしこの1枚目の写真ですらそこそこ断捨離をした後だったのですw 

では2枚目です。
IMG_5120
 ではここで断捨離したものを紹介していきます。
  • 本棚の上のモノ(今残っているものは家族のもの)
  • 漫画・小説・実用書・同人誌など200冊
  • コルクボードとそこについていたグッズ
  • 文房具をそれなりに(また別途記事にしたいと思います)
ざっくり言えばこんな感じです。 

床のジョイントマットの上は基本的に「何も置かないスペース」にしているので掃除機をかける時に「ものに触ってどかす」という 動作が一切発生しません。
今床に転がっているのはジムに行く時に使っているトートバッグ(写真右)ぐらいです。 

ノートパソコンが置いてあるPCラックはいらないかなと思っているのですが、ルーターや掃除機の充電器のコード周りで使っているので処分するかどうかはこれからの課題です。 

……とまぁこんな感じで1回目の投稿はおしまいです。
これからも掃除や断捨離、ミニマム生活についてEvernoteにメモを書き溜めてブログに書いていこうと思います。

<Ending>
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

↑このページのトップヘ