download

docomoのahamo(アハモ)プランが発表されてからちょっと日数が経ちましたが、内容をまとめてみたので記事にしました。

まずは箇条書きで記載したのちに、筆者(あお)の感想を後半に記載します。


どれも2020年12月上旬の内容になりますのでご了承ください。
最後にdocomoの報道用資料(2020年12月3日時点)を貼っておきます。

※間違い等ありましたらコメントまで。

◯ahamo(アハモ)の料金プラン

・開始時期:2020年3月
サービス開始時期

月額:2,980円
データ容量:20G(使い切ったら速度は1Mbps)
・データ追加:1Gにつき500円
・海外82の国々・地域でも追加料金なく利用可能。
5分間の国内通話無料付き(超過後30秒で20円)

・月額1,000円で国内通話かけ放題の「かけ放題オプション」有り
ahamo提供内容

・5G・4G通信対応(※FOMAエリアでは使えない)

foma通信になる海上エリア

・2年契約や解約金は存在しない
・1,000円の利用につきdポイント10ポイント

◯契約方法

・オンライン限定での契約
・契約後は専用アプリでデータ使用料の確認や各種手続きが可能
・チャット問い合わせ有り

◯docomoユーザーが「MNP」転出からahamoへの流れ

1.docomoで現在契約しているプランでMNP転出の手続きを行う
2.発行される「MNP予約番号」でahamoの新規契約を行う
※5月からは「MNP転出」は不要

◯支払い方法

・口座振替またはクレジット

◯注意点

・法人契約はできない
・20歳以上の契約(契約者が20歳以上なら未成年も使用可能。ただし利用者登録が必要となる)
提供条件

・現在docomo契約者でも5月までは既存プランからの移行は「MNP」が必要
・docomoで既存の割引は併用不可(家族割等不可。つまりahamoはahamoのみで完結する)
・docomoメールは使用不可能(Gmail等を使おう)
・複数の契約をまとめて支払う「一括請求」には対応しない
・dアカウント/dポイントは継承可能

◯キャンペーンについて
12月3日からahamo提供開始前日までに先行エントリーして、2021年5月31日までにahamoを契約

dポイント(期間・用途限定)3,000ポイントを進呈するキャンペーンを実施する。
キャンペーン


◯筆者の感想
こうしてまとめていると結構情報量あるーなと思ったり。

ってことで。

思い切ってこの料金プランを出してくれたドコモは本当によくやってくれたと思う。

正直2021年の3月からは楽天の「Rakuten UN-LIMIT」が料金的には最強になり、続いてUQモバイルやYモバイルの大手サブブランドが続くものだと思ってたんですよね。

前々から総務省に「携帯料金下げろ」ってキャリアにお達しが言ってて、それで
「下げました!」
って言っても結局プランがわかりにくくなってるだけで一緒だったり、
今度こそ下げたと思ったら、サブブランドの方を下げて「いや、うちはどっちもメインなんで」って言う始末。コントかな?

それを横目に楽天がせっせと赤字垂れ流しで基地局を立てまくって、3月からは「楽天以外が震える」って状態になるかと思いきや、ドコモが必殺の一撃を振り下ろした形になったわけですよ。

もう現時点でahamoに勝てるプランって存在しないじゃないですか。
まぁ一応楽天が「通信量無制限」ってことで、プラン内容だけ見れば楽天の方が勝ってるけど、現時点で楽天のカバー率は実用に耐えるとは言い難い状況ですよね。

ってか楽天的には、

「まじかー! えー、マジかー……」
って状況だと思うんですよね。

エリアさえなんとかしてしまえば一人勝ちできる……! って思っていたのに圧倒的資金力と安定感でドコモが「2,980円」を打ち出してきたわけですから。

なのでahamoが発表されるまでは、
・楽天は内容強いけど実用無理だから無料期間はサブで使う
・UQモバイルかYモバイルのサブブランドで3,000円~4,000円で使う
・ちょっと速度が不便だけど格安SIMを使う
・7,000円や8,000円出して3大キャリアを使う


と、ざっくりこんな状況だったわけです。
それがahamoが出ることによって業界の料金プランが一気に崩れさろうとしているわけだ。

ただahamoがここまでやれた理由の一つとして、参入してきた楽天の「2,980円」って金額設定はでかかったと思う。

もしこれが「3,980円」だったらその金額になっただろうと思うので、最初に金額を決めた人ってのは強いなって思った。

誰だよソシャゲガチャの天井9万円にしたの(おこ)

◯今後の予想

現時点で20Gのプランは
・UQモバイル(3,980円・通話別。通話10分入れた場合は4,680円)
・Yモバイル(4,480円・10分まで無料通話)

という状況。
ahamoは通話が5分で短いとはいえ、UQと比べるとほぼ2,000円の開きが出てしまっているので、正直お話にならない状況だと思う。このままでは。

なのでさすがにauやSoftBank、その他のサブブランドも2,980円、またはそれ前後でahamoに見劣りをしないプランを打ってっくるんじゃないかなーと。

ってことで筆者(あお)は現在UQモバイルの10Gプラン+10分通話で税込みで4,200円ぐらいを払っているんだけど、このまま何もなければahamoに行っちゃおうかなーって思ってる。

あなたはどうしますか?

ではまた!

この記事は「Docomoの報道用資料」を参考に書きました