固定費下げたいなら格安SIMへ

あおです。
実はブログをWordPressに移行しております。
なのでこれからこちらに更新される記事はWordPress記事のHTMLを貼り付けたものになります。
WordPress記事はこちらをクリック

みんな格安SIMにしよう。今すぐに


ミニマルな生活を実践したいんだったらスマホを大手キャリアから格安SIMに変えよう。というかミニマルな生活を目指さなくても節約の観点からも格安SIMはオススメです。

ミニマルな生活→生活レベルのダウン→固定費のダウン
その流れの中で家賃の次に負担が高い固定費はスマホ代で間違いないでしょう。

引っ越しは準備にも時間がかかるので、固定費削減はまずはスマホからがいいと思います。

総務省の指導で大手の違約金も1,000円と格段にさがったのでこれを利用して格安SIMに移らない手はないでしょう。

大手キャリア(Docomo・au・Softbank)でスマホを使っている人であれば月額の料金は6,000円から8,000円ぐらいが相場だと思う。
端末の分割代金が残っていればたぶん1万円ぐらいかな。

対して格安SIMだったらその金額を半分ぐらいに抑えることが出来るしそれ以下もありえる。
月額8,000円かかっている人がいて、使い方も見直せば2,000円に下げることも十分に可能。

月に6,000円の固定費削減ができたら年間では72,000円だ。
2年なら144,000円
田舎で車を持っているなら車検代が浮く計算になる。

次の項目では3Gプランを例に大手と格安SIMを比較してみよう。

大手と格安SIMでは2倍違うことも

では具体的にどのぐらい違うかを見てみよう。
ここでは大手からdocomo、格安SIMからはLINE MOBILE。
そしてauのサブブランドとしてUQ mobileを例に出して比較してみよう。

すべて3Gのプランで比較するけど、docomoはジャスト3Gのプランが無いため、使った分だけ課金されるプランで3G以内のものを比較対象にしています。
※調べていますが間違いがあったら教えて下さい

○docomo:~3G
データ通信:3,980円
5分かけ放題:700円
合計:4,680円

○LINE MOBILE:3G
データ通信 1,690円
10分かけ放題 880円
合計:2,570円

○UQ mobile:3G
データ通信:1,980円
10分かけ放題:700円
合計:2,680円

(2020年1月21日調べ)
 ※いずれも税抜き

この比較から見て分かる通り3Gのプランでも2,000円も違う。
年間にすると24,000円の差額になるし、大手にもっと払っている人なら下手したら3倍ぐらい違う可能性もあります。

昼や夕方の通信速度は遅くなるデメリットもあるが、年間で数万円も違うなら格安SIMに変更するのはおすすめです。

私が過去に使った格安SIMからの体験談

私は過去にIIJとDMM mobileという2つの格安SIMを使ってきました。
ここではその体験を元にメリット・デメリットを上げていきます。

格安SIMを使ってのメリット(動画紹介あり)

  • 月額料金が安い(通話もSMSなければ500円からも)
  • プランが細かく設定されている場合が多く自分にあったプランが選びやすい
  • YouTubeや特定のゲーム・SNSの通信が無料になるオプションも存在

とにかく安くなる。
これに尽きます。その他多くの格安SIMキャリアが1G・3G・5G・7G……のように小刻みに料金プランを設定していて、自分の使用頻度に適したプランを選択できるのが良いですね。

また中にはカウントフリーと呼ばれる特定のサービスの通信が無料になるサービスがあります。

カウントフリー」とは、あるサービスを利用する際、そのデータ通信量を数えない、つまり「使用したデータ量に加えない」というサービスです。 スマートフォンでは、何らかの機能やサービスを利用する際、たいてい通信します。 ... 最近、スマートフォンの料金契約では、「利用可能データ量」が決まっています。

ケータイ用語の基礎知識(第800回:カウントフリーとは)

カウントフリーオプションが有名な格安SIMではLinksMateが有名です。

https://linksmate.jp/

LinksMateのカウントフリーオプション対応のゲームはこちら

https://linksmate.jp/about/countfree/

また特定の条件下であればYouTube視聴の通信量が無料になる格安SIMもあります。
こちらはBIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/option/entamefree.html?utm_expid=.9QoegFoUTBSmNS4WY5Eq1A.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F

格安SIMを使ってのデメリット

  • 昼、夕方など人が一斉に使う時間帯の通信は劇的に遅くなる
  • 専用の電話アプリから通話をしないと通話料が安くならない
  • 移行するのにSIMロック解除をする必要がある
  • 格安SIMに移行するのに多少の勉強が必要

特に12時~13時や17時~19時といった時間帯が遅くなります。
これはどこの格安SIMでも一緒ですので、この時間帯にどうしても通信速度を確保したい場合は、大手キャリア、WiMAXなどのモバイルルーター、UQmobile等を選択すると良いでしょう。
ちなみに混雑時以外の通信はSNSやYouTubeも問題なく見ることが出来ます。

それと「10分無料」等の電話オプションを使う場合、ほとんどの場合はその格安SIMの専用アプリを使わないといけません。

https://mvno.dmm.com/option/freecall.html

※本オプションをお申し込みの場合も、「DMMトーク」を介して発信されない場合、通常の通話料金(20円(税抜)/30秒)が発生します。

https://mvno.dmm.com/option/freecall.html

iPhoneの場合はデフォルトの電話アプリを変更出来ないので、着信があった場合着信はデフォルトの電話アプリに残ります。

それをタップしてかけ直すとオプション契約した「10分無料」や「30秒10円(通常の半額)」の恩恵を受けることが出来ません。

なのでiPhoneであれば別途専用アプリから発信する手間が発生します。

またSafariでお店を調べてそこに電話する時もタップするとデフォルトの電話アプリから通話が開始され、格安SIMの電話オプションの恩恵を受けることが出来ません。

Android端末だとデフォルトの電話アプリを変更できるので、着信・発信とも格安SIM専用の電話アプリになるかもしれませんが、やったことがないのでここは各自調べてみてください。

少なくともiPhoneの場合電話の発着が多少面倒になるというデメリットがあります。

あとはSIMロック解除や知識面ということで、格安SIMへの理解と知識が多少要求される場面があります。ですので参考になりそうな動画を貼っておきます。
安くなる分、自分でちゃんと勉強しよう……ってことですねw

https://www.youtube.com/watch?v=WKDECnDMWQw&t=420s
↑auからUQへの乗り換えガイドの動画

2020年1月21日時点の筆者の現状

ここまで書いておいてなんだけど今日時点で自分はauですw
「おいっ!」って感じですねw
しかし先述の用にUQへの乗り換え予定ですし、過去には2つの格安SIMを使っていました。

ちなみに私のキャリア遍歴(スマホになってから)は、
docomo→IIJ→au→DMM mobile→au(現在)ですw

理由としてはこれまでDMM mobileを使っていたけど、昼休みに速度が遅かったのが我慢できずにauに出戻りをした経緯がありました。

さらに職場も山の中なので万が一通信できないと困るので大手に戻していたんだけど、UQならauの品質をほぼ担保できることを知ったのでUQへ変更する予定。
変更したらまたブログを書こうと思います。

覚えておいてほしいのは、安くてもその人の運用にあっていなければ意味がないということ。自分の使い方をしっかり見極めてから変更しよう。

UQ mobileに興味のある人はYouTubeにレビュー動画があるので調べてみよう。
私からもいくつかおすすめ動画を貼っておきます。
ちなみにUQだと通信制限がかかっても格安SIMより速いのが特徴ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=xFaSeN3saVE
↑スマホプランという新しい料金プランになる前の動画ですがUQmobileの良さが伝わってきます
https://www.youtube.com/watch?v=HXl0jc9UKAw&t=5s
↑UQmobileの節約モード(300kbps)でYouTubeが見れるかの検証動画。
私は2020年1月末にUQへ乗り換え予定ですが、この動画が非常に参考になりました

ということで、やっぱり固定費下げるならまずは格安SIMへ

いかがだったでしょうか?

ここまで格安SIMのメリット・デメリットも上げながら比較をしてきましたが、はやり固定費の見直しという側面から考えれば格安SIMにするのは現状正解かなと思います。

例えば月間3,000円節約できたら年間で36,000円です。

近場なら旅行が出来ますし、その分本を読んだりジムに通ったりとさらにお金を有効に使うことができると思います。

自分はauからUQへ乗り換えて安くなった差分で、今後のWordPressのサーバー代金を支払おうと考えています。

節約の先に目的を持てば、そのモチベーションも上がって格安SIMへ移行する行動力へつながるのではないかと思います。

予定では今週の金曜日(2020年1月24日)にUQへ変更してきますので、使用感はまた近々レビューしようと思います。

この記事が役立ちましたらSNSでの拡散をよろしくお願いします。

では!


◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
あおのYou Tubeチャンネルはこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ