選択の判断を他人にまかせてはいけない。
他人の人生を生きていはいけない。
自分の時間は大切だ。
全部頭の中ではわかっているはずなのに、人は意外とそれが出来てないと思う。
なのでここでは
【見栄を張る】
ということを例に如何に基準を自分に設けることが大切かという話を。

あなたが本当に欲しいと思って買った腕時計は本当にあなたが欲しかったものか?
これを考える時に、
①いい大人だからちゃんとした時計をしていないと。
②○○という大企業に勤めているのにホームセンターで売ってる時計は恥ずかしい。
③そもそもスマホで時間確認でいいけどみんなしてるしなんとなく買った。
④ボーナスが出たから買った。
⑤50%OFFだから買った。
⑥Amazonのサイバーマンデーで安かったから買った。

これらはすべて購入の基準が外部要因だ。
・他人からどう思われるか
・セールだから(必要かどうかが判断基準じゃなくなっている)
・ボーナスという大金が入り気持ちが大きくなった

別に買うことが悪いと言っているわけじゃなくて、
本当に欲しい、必要という理由以外で買ったもの。
つまり【自分の基準の外】にある基準でモノ・サービス・人間関係を選んでしまった場合
これは高確率で後悔することになる。
①から③は完全に他人の視線を気にしている。
逆に考えるとあなたは友人や道行く人が身につけているモノをみて、
その人をその都度判断しているのか? 多分そんなことはないと思う。
「あいつ年中ユニクロばっか着ている。稼ぎ悪いのかな?
って思う人は現代でどれだけいるだろう?
あなたのことを気にしていない人たちの判断基準でモノを買うのは無駄じゃないだろうか。
もし上司が、
「ある程度の年齢の男なんだからいい腕時計ぐらいしないと駄目だ」
なんて冗談でも言ってきたのならすぐにコンビニに向かうことをおすすめする。
退職届を書く道具は一通り揃っているので。

④から⑥に関しては
そもそも欲しいという理由で買っていない。①から③の状況よりたちが悪い。
これも逆にいうとセールがなかったら買ってなかったわけだ。
セール(=企業という他人の煽り)が判断基準になってしまっている。

①から⑥っていうのはほとんどの人が心当たりがあると思う。
自分も昔はそうでした。
でも自分の人生の時間は有限だ。
だから自分の時間を生きたほうがいい決まってる。

選択の基準を自分にすれば
モノも減ってスッキリする。

だれかの人生に自らのリソースを割かない。
大事なことだと思う。

◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ