今年になって部屋の写真をアップしてなかったので
heya1
コルクボードにはホコリを被ったアニメグッズ。
左の本棚にも読んでない本がずらり。
上の紙袋も必要以上に。
heya2
ある程度は減ったけど右の使っていないPCラックや
下の収納に適当に入れている感じ。
まだまだ不用品が多かった。
heya4
かなりスッキリしてきて現状に一番近い。
部屋4
動画編集と小説執筆用にモニタを一枚追加。
不要な本CDは減ったけど手品やジャグリングで使う道具が
棚の下段に増えた感じ。
片付いたが質量はもしかしたら増えたかも。
========================
さていかがだろうか。
1枚目、2枚目はシンプルライフを目指す前の状況。
3枚目の辺りからは結構しっかり片付けをした感じ。

やっぱり大きいのはグッズの処分。
こいつらは無限に増えていくし、買ったり貰っても
自分の中で流行り廃りがある。
さらにこういうモノは捨てにくい。

なので最近は
・最初から買わない
・もらわない
・特典のついているモノは通常版を買う
を徹底している。
おかげで今持っているアニメグッズは
大洗に行った時に町で貰ったものを除くと、
グッズ
これだけになる。
本当に好きなものだけ残っている。
ストライクウィッチーズの3Dポスターは買ってから5年経っているけど
未だに時折出して見てはニヤニヤしてる。

○部屋をキレイにするコツと背景にある思考
・いらないものは捨てる。
グッズなんかは確かに捨てるのは忍びない。
けど過去に好きだったキャラグッズがホコリを被っていて
それが放置されているのはもっともったいない。
だから「好きにならせてくれてありがとう」
のマインドで断ち切りました。
やはり感情移入すると手放すが大変になるので、
それからは小物類は一切家の中に入れないようにしています。

・本とCDは上限を決める
IDOLM@STERが趣味だとCDが増える。
しょうがない。
マジしょうがない。
だから棚の決まったスペースから溢れたら売って手放すルールを設けている。
個人的にはCDもグッズのように長年置いておくと
愛着が湧いてしまう。
なので買う段階から手放すことを前提にしている。
そうすると気持ちも楽になるし部屋もスッキリする。
買ったらすぐにPCに取り込んで多重バックアップをしている。
余計に買いすぎて聞かないまま次を買って積んでいることもない。
手放した曲を聞きたくなったら、今はレンタルもしているし
メルカリやヤフオクでまとめて中古で購入することも可能。
本に関しては近くのGEOでレンタルしているので
最近は読みたい漫画は全部レンタルしている。
技術書やビジネス書は買っているけどこれもCDと同じルールで代謝している。
読み返すものだけ手元に残している。
難しそうな本が本棚に並んでるとちょっとかっこいいけど、
それにホコリが被っていたらかっこ悪い。
お金を出せば買い直せるモノは手放してオッケー。

・モノと感情を切り離して考える
断捨離・ミニマリズムにおいてこれが一番難しいと思う。
自分はIDOLM@STERのシンデレラガールズというシリーズが好きだ。
その中に北条加蓮というアイドルが出てきて彼女が大好きだ。
だが、北条加蓮に関するグッズは何一つ持っていないし、
実はフィギュアを貰ったけど手放している。
手放した理由は、置くのが邪魔になったのと特に今必要と思わなかったからだ。
こう聞くと
「好きなキャラなのに思い入れないの?」
って言われる。
思い入れはあるよ。
ただ、モノやグッズがなくても好きだし楽しめるから自分には特段必要がなかった。
というだけの話だ。

もっとわかりやすく言うと、
ずっと行きたかった旅行に行ったとしよう。
そこでは目的の場所にも行けたし
食べたかったものも食べた。
地元では味わえない自然を満喫し
リフレッシュして帰ってきた。
その人にとっては有意義な時間で思い出だ。
そえは
写真を1,000枚撮ろうが
お土産を一切買ってこなくても
多分変わらないだろう。
もしかしたら写真を撮りすぎて景色をよく見れなかったり
お土産が重くて旅行の最後は疲労感で終わったかも知れない。
何が必要で重要かは人によって違う。

俺の部屋には
北条加蓮を連想させるものは何もないけど
もしフィギュアがたくさんあったら
「またホコリを掃除しないと……」
「さっきの地震で倒れてないかな」
「次の新作出たら置く場所がない。どうするか」
と余計な問題すら出てくるかも知れない。
実際、モノから受ける恩恵とそれを維持管理するコストでは多分コストが上になる。
だから北条加蓮を日常で愛でるには
ログイン画面と選挙とポテトぐらいで丁度いいのだ。

ただモノが悪いなんて一言も言う気はなくて、
やっぱりモノがあってこそだと思ってる。
本当に欲しい物だけを集めた部屋なら、
そこは世界一素敵な空間になる。

だからモノと自分の適切な距離を見極めながら
趣味を楽しみたい。
これからもそんな部屋を目指していく。

◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ