ミニマリストあおのVLOG

田舎でのミニマリストの暮らしについて色々書いています。 最近は自分のモノ減らしも終わったので、より多くの人にミニマリストや片付けに興味を持ってもらえる記事を書いていこうと思います。

東北の田舎住まいのミニマリスト。
2LDKに住んでいるが2部屋が母・祖父母の物置になっていて、現在は一部屋だけ使って生活しています。
そのため押入れ・クローゼットといった収納がまったくなく、また筆者は外仕事で大量の着替えが必要なため、必然衣類は多めです。
そんな苛烈な状況の中、日々スッキリした部屋作りについて考えています。
ミニマリストの方でもクローゼットや押入れがないという人は少数だと思います。
そんな中、どうやって暮らしているかを発信しています。

2020年05月

uber-eats-4709288_640
あおです。

食事を作ることを手放してみようと思います。
まだ確定ではありませんが、食事の宅配サービスを試しに使ってみることにしました。
うまく実践に移行できたら、続報をお知らせします。
また自炊や自炊の楽しみを否定する気はありませんので、気を悪くした方には先に謝罪します。
あとなんか知りませんけど
「自炊しないなんて栄養が偏る」
「女なのに自炊しないなんてお嫁にいけないよ?」
「自炊しないのは人としてダメ」
みたいな風潮も、令和になった現代でもあるように思います。
「自炊放棄はサボりか?」
それに対してのアンサーもあるので、ぜひ最後までお付き合いください。

では自炊放棄の理由を書いてきたいと思います。

自炊を手放す理由
restaurant-1284351_640
単純に時間の無駄だから。
……とまではいいませんが、やりたいことが増えてきたのでいくらでも時間を捻出するのが目的です。
・ブログ
・小説
・アイマス(IDOLM@STERというアイドルコンテンツ)
キリがありません。

とくに趣味の小説は
・大賞応募
・Web執筆
・作家先生のサロン参加
と活動が広いです。

実は単純な自炊は割と苦じゃなく好きな方で、洗い物もストレスに感じません。
でもとにかく今は時間とゆとりが欲しいのです。

金銭的にはどうか
euro-870757_640
結論から言うと、あまり変わらないと思います。
宅配サービスの金額が一食500円~600円。
外食もそんなもんです。
そう考えると、栄養に配慮された宅配サービスの方がコスパがいいです。

ぶっちゃけ最近は自炊が減っていました。
外食+コンビニ弁当ってパターンも少なくありません。
最近だと
・定食600円~800円
・昼食代600円~700円
なので、完全に昼夜を外に頼ると1日の食費は1,500円程度。
一ヶ月の平日では約3万円です。
休みの日は時間があるので、自炊しているので、まぁ4万円ぐらいでしょうか。
一人暮らしの食費だと少し多い計算になります。

それでも外食に頼るのか
youtuber-2838945_640
答えは今の所YESです。
それほどまでに今はやりたいことがあります。
ミニマリスト的にはモノを減らして節約、と言いたいですが、
ケースバイケースです。
今はいくらでも時間と体力を温存してやりたいことに集中したい。

自炊放棄はサボリか?
結論から言うと、そもそもこの議論自体がナンセンスです。
掃除も洗濯も自炊も、必要だからやっているだけです(好きな人は除く)。
なので、コスパを考えて個々人で選択すればいいだけの話だと思います。
例えば結婚して子供に自炊の方法を教える……というような意味合いで、お父さんやお母さんが自炊を覚えたり、一緒に料理の時間を楽しむというのであれば必要な場合もあるでしょう。
でも自分だけで生活するなら、やりたくないものはどんどんカットした方がいいと思います。
今どき「洗濯板を使わないとサボりだ」って言う人いないでしょう。
なので、アナタが調理をする義務を負っていないのであれば、他人の目を気にする必要は全くありません。それこそ時間の無駄です。

というわけで、
宅配サービスを使わないことになったとしても、
生命維持としての食事に関しては、しばらく極力手間をかけない方向でいこうと思います。

やりたいことに極振りするぐらいで足りないか丁度いいと思っています。

◆エンディング◆
さて、本日の記事は以上となります。もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有、また私のミニマリスト系YouTubeチャンネルのチェックもよろしくお願いします。
また下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
あおのYou Tubeチャンネルはこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

money-494163_1280
あおです。

今日は財布の中身についてです。

結論から言うと、
・キャッシュカード兼クレカ
・デビットカード
・健康保険証
・免許証
それに小銭とお札が少しです。

キャッシュカードは2枚持っていましたが、片方は貯蓄用だったのでそれがデビットカードになった形です。

カードについて
◯以前は
キャッシュカード兼クレカ
キャシュカード(預金用)
健康保険証
免許証
の4枚でしたが、

◯今は
キャッシュカード兼クレカ
デビットカード
健康保険証
免許証

に変更になりました。
正直貯金用のキャッシュカードもそれほど使う機会がなかったので良いタイミングでした。

ポイントカードは殆ど手放しましたが、使っているものもあります。頻度が少ないので車に保管して必要な時だけ持ち運ぶという運用です。

では、なぜデビットカードに変更したかを説明してきます。

デビットカードを所持した理由
理由は一つしかありません。
「食費を未来の自分に借金したくなかった」
という理由です。

今まで食費だけは現金であとはクレカを使っていました。
しかし、マネーフォワードというアプリを導入してから、それで家計簿管理をするようになりました。
こいつは、クレカの明細を自動で判断してくれて、食費や家賃も分類分けしてくれます。
だから、食費もクレカ払いをしていたのですが

気分的に「今食べている100円のパンすら来月の自分から借金してるのどうよ」

と思ったわけです。
他の固定費や絶対に使う支出に関してはクレカでいいです。
でも食費だけはずっと違和感がありました。

なので貯蓄預金用のキャッシュカードとチェンジしました。

あとデビットカードはAmazonでも使えます。

なんとなくポッチってしまっても
「まぁ支払い来月だしなんとかなるだろう……」
とう行動に歯止めをかけてくれます。

絶対に必要とか日用品を定期便にしているのなら、別にクレカでもいいでしょう。
それと余談ですが、Amazonで返品する可能性がある買い物の場合はクレカが良いでしょう。
・クレカの返金:返送してから数日(筆者経験)
・デビットの返金:返送してから約45日(筆者は未経験)

となっています。
いずれ、買い物は慎重に……ということにはなりますが。

本日の記事は以上です。

下に私がデビットカードを使ってみて感じた記事のリンクを貼っている方は参考までにどうぞ。
お店の店員でも「デビットカードってなんですか?」と言われたりするので、使う時の注意点などをまとめておきました。


それと使っているのはabrAsusの小さい財布です。
おすすめですのでリンク貼っておきます。
 

◆エンディング◆
さて、本日の記事は以上となります。もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有、また私のミニマリスト系YouTubeチャンネルのチェックもよろしくお願いします。
また下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
あおのYou Tubeチャンネルはこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

visa-2971564_1280

あおです。

今日はデビットカードについて解説します。
デビットカードとは?
・クレカとは違い「銀行口座から即時引き落とし」で使えるカード
・そのため上限金額は「銀行口座の残高」となります
・分割やリボ払いは出来ない(銀行口座から即時引落しのため)
・キャッシングサービスが利用できない
・ETCカードが発行できない

キャッシュレスといえばスマホ決済やクレジットカードが
一般的な感じですが今回はデビットカードを取り上げます。

デビットカードはクレジットカードと使い方は一緒ですが、
銀行講座からの即時引落しです。
なので口座に1万円が入っていればデビットカードでの買い物上限は1万円です。
また分割・リボ払いはできません。
つまり
「現金を使っている」
感覚で使うカードと思って頂ければ良いかと。
いちいちATMから引き出す手間がないのがいいですし、
仮に不正利用されても、口座金額が上限なので、
たくさんお金を入れていなければ良いということになります。
またクレジットカードだと翌月~翌々月払いなので、
つい使いすぎてしまう……という人もいるかも知れませんが、
デビットカードならその心配もないです。


○注意点
これ意外だったのですが、
店員が「デビットカード」を知らないというケースが多々有りました。
私はJCBのデビットカードで、その店はJCBのクレジットカードが使えました。
色々調べると、VISAやJCBのクレカが使える店ではデビットカードが使えると考えていいようです。
実際私が使っているテンポでもそうでした。
店員に「デビットカードで」というと混乱を招く可能性があるので、
自分が持っているブランドが使える店なら、
「カード1回払で」
というのが無難でしょう。


○Amazonでの使用

Amazonでももちろん使えます。
自分の場合、引落しは注文してから2、3時間で銀行口座から引き落とされました。
ただ返品後の返金はクレカと違い45日程度かかるようです。
※これに関しては検証ではなく検索して調べました。
なので、機材のように初期不良で返品が考えられる購入はクレジットカードを使ったほうがいいかもしれません。
クレカなら返品してから数日でクレジットカードに返金されます。

○マネーフォワードとの連携に関しては微妙

マネーフォワードは家計簿アプリです。
ここでは使っている人向けに書くので、使っていない人は読み飛ばしておっけーです(今回はデビットカードの記事なのでマネーフォワードについては割愛します)

正直自分がここが一番ネックでした。
このアプリはクレカを使うと、店の名前や出費項目、金額を自動で記載してくれます。

しかしデビットカードは金額は記載してくれますが、店名や出費項目がなく、
私の場合はスーパー、コンビニ、Amazonどこで使っても下記画像のように
「JオンリーワンDEBIT」
と記載されてしまいます。
なので、現状私は食費のみデビットカードで支払い、手動で食費に振り分けることにしました。
何度か食費に振り分けると、その後は自動的に項目が食費に振り分けられました。
これは今後マネーフォワードのアップデートに期待ですね。
IMG_6219

◯どうしてもiPhoneの中にデビットカードを入れたい
デビットカードは、Apple Payで使えないと言う欠点があります。
ですが少数ですけれども、iPhoneにデビットカードを登録して使う方法があるようです。
下にリンクを貼っておきますが、みずほwalletアプリでデビットカードが使えるようなので、どうしてもiPhoneの中にデビットカードを入れて使いたいと言う人は調べてみるのも良いでしょう。
自分はデビットカードを使うときは、普通にカードを店員に渡して使っています。


それと私はiPhoneユーザーなのでAndroidのことがわかりません。
なので、Androidユーザーに参考になる記事を貼っておきます。


◆エンディング◆
さて、本日の記事は以上となります。もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有、また私のミニマリスト系YouTubeチャンネルのチェックもよろしくお願いします。
また下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
あおのYou Tubeチャンネルはこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

ミニマリストが持っている以外な5つのモノ
普通のミニマリストが持っていなくて俺が持っているもの。
というシリーズじゃないけど、「あれ? それ持ってるの?」
っていうのを書いていこうかなと思います。

意外なところで言うと、
・デスクトップPC
・プリンター
・掃除機
・電子レンジ
・バスタオル
・ベッド

を持っています。
理由についてはYouTubeに上げているのでそちらを参照下さい。



今回は電子レンジについてですが、
結論から言うと、
「ゆで卵を作るため」
です。


普段の料理はメニュー固定なので
作るものが決まっているのですが、
その中にゆで卵があります。
コンロは2つあるのですが、普通の作り方だと、

たまごを出す

鍋を準備する

お湯を沸かして茹でる

冷やして皮を剥く


って工程が必要だけど、
専用のゆで卵レンチンするやつを使えば、

それにたまごをセット

レンチン

皮を剥く


ということが可能になります。
加えて、普通のゆで卵ならお湯に入れている時間を計らないといけないので、
タイマーやスマホでセットする必要があるんだけど、
専用のレンチン機なら5分~7分ぐらいで好きな時間にセットするだけ。

これで毎回同じ仕上がりになるので、
調理中にそっちを気にする必要が無いのがいい。
ぶっちゃけコレが一番なんですよ。
めっちゃ便利なのでリンクを貼っておきます。気になる方は見てみて下さい。




結局料理は集中力を使うので、
他の料理をしながら茹で具合を気にするのは結構大変だしストレスになるんです。

そう考えると、

放置してゆで卵が作れる

って結構ありがたいことだと思います。
しかも同時に4個まで作れるので、
2食分ぐらいにはなると思う。

そんなわけで我が家は
時短と手間の省略たのめ、
ゆで卵を作るために電子レンジを購入しました。

冷凍食品は基本的に食べないし、
コンビニ弁当も買いません。

たまにすき家の牛丼を持ち帰ってそれをレンチンするぐらいですね。

電子レンジはあると便利だけど堕落しがちなので、
本当に必要だと感じたら購入するのがいいと思います。

◆エンディング◆
さて、本日の記事は以上となります。もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有、また私のミニマリスト系YouTubeチャンネルのチェックもよろしくお願いします。
また下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
あおのYou Tubeチャンネルはこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

2556665_s
お久しぶりです。あおです。

今日はタイトルにある通り、
新型コロナウィルスによってミニマリストは滅ぶのか?
ということについて話します。

結論から言うと、概ね動画には賛成ですが、対応と程度しだいではミニマリストのライフスタイルにはさほど影響はないと考えます。またその上で今後ミニマリストや片付けをする人は増えると思います。

記事を書いたきっかけは
『ミニマリストブームが終わる3つの理由|今後やってくるのはモノ不足の世界』
というYouTube動画を見た
からです。
リンクを貼っておきますが、私のこの記事は決して該当動画へのアンチだったり考え方等を否定するものではありません。ご理解下さい。

上記動画では
①必要なモノがいつでも手に入るとは限らなくなる
②シェアリングエコノミーが衰退する
③世界は自給自足の方向へ進む

という内容が語られています。

では動画の主張に順番に私なりの考えを書いていきます。

①必要なモノがいつでも手に入るとは限らなくなる
これについてですが、概ねその通りだと思います。
マスク等は日頃からストックしている人はあまりいなかったと思いますが、例えばフェイク情報で混乱したトイレットペーパー等がそれに当たるでしょう。

特にストックを嫌う人であれば、今回のフェイク情報による日用品不足は、ミニマリストではなくても打撃はあったと思います。

ちなみに私は、歯磨き・トイレットペーパー・ティッシュなど「確実に消耗すると分かっている」モノに関しては日頃からある程度ストックしています。

なので、日頃絶対に使うであろうモノや過度にストックをしないという前提で、ある程度モノを準備しておくことは必要になってくるかと思います。

例えば非常食で缶詰を用意する場合でも、日頃から缶詰を食べるのであれば、日用と緊急時用が兼任できます。毎日鯖の水煮を食べるのであれば、常に7個はストックしよう、等です。

ミニマリストが嫌うモノとはあくまで不要なもの。
・使っていないボールペンのストック
・大量のポケットティッシュ
・収納を機能させなくする程の「いつか使うだろう紙袋」
こういうモノは不要なものです。


普段は使わないけど災害用使うかもしれないからストックしておく

というのは立派な生存戦術だと思います。
そういうモノはどんどんと増やしていきましょう。

②シェアリングエコノミーが衰退する
これに関してはコロナウィルスが流行している限りは衰退すると思います。
・コインロッカー
・公衆トイレ(コンビニや飲食店も含む)
・シェアリング自転車、車

地元のスーパーで買い物かごの持ち手部分を除菌して使っている人を見たので、これらに関しては落ち込むと考えるのが自然でしょう。

ですがメルカリ等の出品は結構あるので、中古マーケットまで含めるとなんとも言えないかなとも思います。
それと私は田舎に住んでいるので、シェアリングエコノミーの考えはあっても、町の仕組みとして殆どありません。車も普通に所有していますし。

なのでシェアリングエコノミーに関しては概ね減少傾向にあると思います。
ただコロナ禍が終わりこれまで通りの社会になれば、また使う人は増えるんじゃないかなと思います。

③世界は自給自足の方向へ進む
動画で言っている通り「日常生活に必要なモノは自国で生産」ということが達成されればそれは確かに素晴らしいことです。
ただやはり、風土や国土の広さ・気候・文化といった様々な事情で均一にいくのかどうかは私にはわかりません。
なのでスケールを個人レベルに拡大した場合それはある程度有効かもしれないと思いました。

例えば私の職場は田舎なので、村の人が自宅の畑で野菜を作ったり、田を持っている人はお米を作っています。

人の往来も殆どないので、あまりコロナに神経質になっていない、という現状があります。

生活のほぼ全てを流通に依存している現代社会ですが、その依存度を少しでも下げていけば、今回のような緊急時に慌てる必要は減るのかもしれません。

都会の満員電車が大変であれば、田舎に引っ越して食料の自給自足は良いかもしれません。
テレワークの有効性もこの状況で確認されていますし、水・電気・ガス・ネットの基本インフラがあれば、場所と仕事を選ばず生きていくこと出来る時代になりました。

輸入・輸出とはつまり相互の依存が世界レベルで行われていることですから、とりあえず個人で生きる力をつけましょう、と理解すれば良いのかなと思います。


さて。
ここまで動画について話してきたのですが、冒頭で私は
『今後ミニマリストや片付けをする人は増えると思います』
と書きました。

その理由は、
一般の人がミニマリストとは言わないまでも、不要なモノを処分し始め、今より少ないモノで生活を始めるだろう。
という予想があります。

何故か?
それはコロナ禍で家で過ごす時間が圧倒的に多くなるからです。
もしコロナが終わり、その後もテレワークが定着する会社であれば、仕事と生活の殆どが自宅中心になります。

単純に24時間いる空間を居心地良くしたい

という発想から、不要なモノを片付け、生活と仕事に集中できる環境を作り出すことになると考えます。

つまり選択と集中が、これまで以上に必要になってくるわけです。
通勤がなくなった分の時間を自己研鑽に充てるとすれば、本を読んだりYouTubeを見たりするでしょう。
そういう研鑽時間を散らかった部屋で集中して行えるでしょうか?
職場は仕事をするための場所です。だからこれまではキチンと集中出来ていた。
気づかなかったかもしれませんが、その環境を用意してくれていたのは会社ですし、清掃業者が入っていれば彼らの仕事のおかげです。

それぐらい環境は大事ということです。

その環境を自ら構築するのは大変だと思います。
だからモノを減らしてスッキリした空間を作る必要がある。

これに気づいた人たちなら、このコロナ禍をきっかけにアフターコロナに向けて、意識の改革を行っている頃だと思います。

そのような理由から、コロナ~コロナ後は、ミニマリストが増えたり、モノを片付ける人が来ると私個人は考えます。

私はGW中はずっとモノを片付けたり捨てたりして過ごしました。

◆エンディング◆
さて、本日の記事は以上となります。もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有、また私のミニマリスト系YouTubeチャンネルのチェックもよろしくお願いします。
また下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
あおのYou Tubeチャンネルはこちら
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

↑このページのトップヘ