東北の田舎住まいのミニマリスト。
2LDKに住んでいるが2部屋が母・祖父母の物置になっていて、現在は一部屋だけ使って生活しています。
そのため押入れ・クローゼットといった収納がまったくなく、また筆者は外仕事で大量の着替えが必要なため、必然衣類は多めです。
そんな苛烈な状況の中、日々スッキリした部屋作りについて考えています。
ミニマリストの方でもクローゼットや押入れがないという人は少数だと思います。
そんな中、どうやって暮らしているかを発信しています。

2018年10月

ミニマリストのあおです。

いつも片付けだ断捨離だミニマリストだ言ってる割に部屋の中を公開してなかったので公開
○これが現在
IMG_0407


○以下二枚が二年ぐらい前
IMG_5120
IMG_4650
(二年前の上の写真は壁がうまく見えてるから今より圧迫感がないw)

別にそれほどモノが少ないわけでもないし
なんなら散らかってて
色の統一感もないけど
これでも食器・衣類・パソコン類を除けば30分で全てモノを床におけるので
俺は快適に過ごしている。
まぁ写真の左側が若干ごちゃごちゃしてるけど。

写真左の洗濯物を干してるゾーン並びにハンガーラックだが、
この部屋には
そもそも最初から収納スペースが存在しない。
そして衣装ケースも三段の小さいもの一つが
この部屋唯一の普段遣い収納なので、
畳んで収納する手間が省けている。その分見た目はあまりきれいじゃないけどね。

ハンガーの下に積んであるのは借りてる漫画。近々返却予定。
あとハンガーラックの下に赤い服が落ちてるが、
これはただ落ちてるだけなのでつまり片付けてないだけ。良くないなw
正面が台所で右奥がの突っ張り棒の衣類がフォーマル用。

その手間が大きい本棚(後述)で、
ここに食器・水周り・衣類・パソコン類以外の全てが入ってる。

その横(写真右)がPCデスク。
モニタおいてるピンクのものは百均の発泡スチロール。
色揃えたいから白い台を準備したいが現状困ってないのでこのままでいいかも。
キーボードも発泡の上に置いて手前には青いマット。
こいつがマジック練習用のマット。
そして椅子。さらに椅子のそばにマジックのスタンディング練習用テーブル。

よくミニマリストの部屋ってスッキリきれいになっているってイメージがあると思うんだけど、
俺の場合は
・マジックマット出しっぱなし
・スタンディングテーブル出しっぱなし
・その上のコイン出しっぱなし
・トランプも出しっぱなし
になっていて正直片付いているとは言えない状況だ。
実はこれは「20秒ルール」という心理行動に基づくもので、
人は物事を始めるのに20秒以上かかるとそれを先延ばしにしてしまう」
という心理効果が働くためだ。
これはハーバード大学が行った実験結果がもとになっており
の中でも言われている。
ミニマリズム=やりたいことをやる環境を作る=迅速に動ける
を念頭におているので毎日練習する身としては開始まで20秒かかるとやっかいなのだ。
ちなみにこの応用でタバコをやめたい人は取り出すのに20秒以上かかるようにすれば禁煙に効果があるって聞いたことがあるがエビデンスも提示できないし、このブログとはあまり関係がないので興味ある人はググるといい。

で、話はだいぶ脱線したけど
モノの量は
普通の人よりかは少ないけどまぁまぁ普通だし、
マスコミが見せるミニマリストの部屋って感じでも無いことがおわかりいただけただろう。
数えたこと無いけどボールペンを1点みたいに細かいカウントをすると物量は300~350ぐらいはあると思う。

しかしTEDのミニマリストによるスピーチによると、
アメリカの家庭には30万点のモノがあるという報告もあるので、
一人暮らしで点数が400未満ならスッキリしてる方ではあると思う。

ちなみに日本のミニマリストの第一人者ともいえる佐々木典士さん
テレビに出た時のモノの点数が約150点と記憶しているので
本当に生活に必要最低限
って意味ではそのぐらいになるのだろう。
俺は趣味のモノで捨てきれてないモノもあるし、
毎月CDが何枚も出るコンテンツを追ってるので、
いわゆるオタクって人種からしたらモノは劇的に少ない方だと思う
まぁだからなんだということはないが。

<本棚の中身>
前の日記でも本棚には少し触れたけど、
「じゃあ俺は一体何を持ってるの?」
ってことで少し詳細に見ていこう。
写真に番号を振ってるので対応させながらどうぞ。

IMG_0297 - コピー

アイマスやガルパンのCD。ある程度溜まったら気に入ったの除いて売却(定期的)
②実用書とアイマスBlue-ray
③漫画とラノベ
④スト魔女設定資料集、秋田市のガイドブック、契約書保険などの書類、確定申告用レシートなど
⑤手品、バルーン道具
⑥コピー用紙とトランプ
⑦借りてるアイマスBD
⑧文房具、書類
 クリアケースは冠婚葬祭用、ガジェット類、通帳入れ
⑨プリンタ
⑩ヨーヨー、ジャグリング道具
⑪PC外箱(修理時)
うん、割と普通だねw
実用書、漫画、ラノベ、CD、BDの点数は100点ちょいだった気がする。
ジャグリング、手品道具はどうしても大きくなるので場所を取る。

こんな感じで部屋の全景と詳細を紹介してみたがどうだろう?
これを見て多いって人もいるだろうし
少ないって人もいると思うけど
物量が全てじゃなくて日常の生活で何をしたいか。
したいことにフォーカスがあたっているかが重要だと思うので、
みんなも集中できる環境を作るために工夫することをおすすめする
そいじゃまた。

◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

ミニマリストのあおです。

香りの名手、葉山アキラはこういった。
「引き算と強調、それを一皿の上でやった」
と。

不要なモノを引いて自分に必要なモノを強調していく。
この場合の強調していくとは
・自分の人生に必要なモノ、知識を増やしてく
・やりたい活動を最大化する
・やりたいことに対する時間、集中力の確保をする。
一番上のモノを増やすってところで
ミニマリストって減らすんじゃないの?
ってよく言われるけど
減らすのは目的にリーチするためで減らすこと自体は目的ではない。
その辺を勘違いしまくっている輩が多いので
そういう人はミニマリスト関連の本をまずは数冊読んでから息をして欲しい。

話を戻すと
食戟のソーマの葉山アキラは
引き算と強調で香りの一点突破をして料理の大会で優勝した。
つまりシンプルに磨き上げたものほど、強く美しい。
例えば俺だったら
・部屋を片付けて集中できる環境を作ってマジックの練習をする
DaiGoだって仕事部屋はオーダーメイドの本棚に四方を囲まれて
集中力を高めるために椅子すらないし、
三月のライオンの主人公の部屋だって生活用品と将棋盤しかない。
「あ、本いっぱい読む人だ」
「将棋する人だ」
見た瞬間に「何を頑張っている人か」
というのがわかる。
だからやはり、専用の場所というのは必要だ。
・図書館
レッスン場
運動場
どれもなにかを成し遂げるために必須の環境が揃っている。
ミニマリズムはやりたいことを成し遂げるための環境づくりで、
やっぱり人生の最適化を行うにはもってこいの手段だと思う。

◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

IMG_0284
ミニマリストのあおです。

写真のモノが俺の全部の所有物
とは言っても
・食器類
・パソコン類
・衣類
・現在水回りで使っているモノ
は除いているので写っているのは
・事務用品
・仕事書類
・ジャグリング道具やトランプ(練習、営業含む)
・趣味の本、CD
・実用書籍

にな。
上段が事務用品、ジャグリング道具
下段が本、CD、書類になる。
こうやってモノを広げたのには理由があって
さすがにそろそろ捨てるものがあるんじゃないか?
と思ったんだけど、
今回は見当たらなかった。
超厳密に言えば、漫画ほぼ全部とCDほぼ全部
ぐらいなんだけど、また次回モノが増えたときに一掃しようかなと。

IMG_0297

で、全部棚に戻してみた。
生活必需品以外のモノは本当にこれだけなので
今は趣味、特技のマジックを練習するための
スタンディングデスクを部屋の真ん中に置いて
練習に集中することができてる。

大事なのは何を一番やりたいか。
それに向けて部屋や思考を整理すればいいので
ただ単にモノを減らすことには意味がないのだ。
俺の場合今は
・マジックの練習
・実用書を集中して読む
・引っ越しに関する知識
・お金の勉強

に集中したい。
逆に言うならこれらを効率良く進めるためのモノなら
どんどん増えていっていい。


それ以外の
アイドルマスター

ガルパン
といったサブカル趣味ももちろん大事だし
ソシャゲもたまにやりたい。

だけど30半ばになるといろいろ考えることがあるから
やりたいこと、やるべきことに集中したい。
俺はブロガーでもYouTuberでもない
普通に仕事をしている会社員だ。時間は多くはない。
でも仕事から帰ってきてないもしないで
疲れた……
と嘆いてビールを飲んでテレビを見て寝る……
そんな漫画でよく見るサラリーマン生活は1億円貰ってもゴメンだ。
だから
やりたいことを1秒でも
必要な知識を1ページでも
得るために環境を最適化し続けたいなあ。


◆エンディング◆
もしこの記事が少しでもお役に立ちましたら、最後にツイートやいいね!等で共有・もしくは下のランキングバナーのクリックををよろしくお願いします!
それではまた次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

↑このページのトップヘ